上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

03errVncHepsxiGCOOYsaJ3RWclgiCJ81u_h8pR13AI-image-full.png
1990~1995年まで連載されていた普及の名作漫画『寄生獣』。実写化不可能といわれていたこの作品が20年の時を経て遂に実写映画化!!!

圧倒的に尺が足りない
寄生獣の魅力はその無駄のないストーリー構成だと思うのですが、まぁ映画は端折りまくり。シンイチの父親は出てこない、口のみに寄生された宇田さん出てこない、この二つだけでも致命的に思えますよねぇ。トントン拍子に話が進むのでシンイチの成長が急すぎて違和感ありまくり。映画は前後編に分かれているので合計3時間半くらい、その時間じゃ全10巻を消化するのは厳しいか。どのエピソードも必要不可欠なのでかなり無理しているように思えました。

ミギーのキャラが違う
原作のミギーはかなり淡白な感じでしたが、いやー映画のミギーは最初から随分と人間味に溢れていましたね~。

437501b5.jpg

ミギー「”お前”と呼ぶのはやめてくれ。そうだな私のことはミギーと呼んでくれ」

こんなセリフ言われたら笑ってしまうわ!!!w

尺の都合上、人間の常識とはかけ離れた発言も少なかったので本当に右手に寄生してきたちょっと不思議な友達みたいな感じにすら思えました。あと声を当ててる阿部サダヲの演技もコミカルで、うん、やっぱキャラ違うね。

あとちょっと天然ボケも入ってたかな?敵がもう見える位置まで来ている状態で
99144867.jpg

ミギー「シンイチ、前方20mに敵がいるぞ」

見りゃわかるよ!!!言うのが遅いよ!!!
ミギーをキモ可愛い人気キャラにしたいという制作スタッフの意図が感じられますね・・・orz

それでも物語はなんとか成立している
それがこの映画の凄いところですね。いろんなエピソードをパッチワークみたいに切り貼りしてなんとか原作未読者なら楽しめる作品に作り上げているのは驚きました。

ということで感想を一言でいうなら
映画としては十分面白い作品と言えるけれど、寄生獣としてはダメだこりゃ
って感じですね。
原作を基準に観てしまうとどうしても減点法で評価してしまうので良くないですね。
これを機に寄生獣の原作を読む人が増えるならそれでいいかな。

ではまたノシ
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プリパラ 22話 ライブシーン感想

異能バトルは日常系のなかで 9話「『布告』ガールズアプローチ」 感想

comment iconコメント

comment avater

村野 里美

アニメも人気だよね。見た方がいいかなあ?

2014年12月04日 01:27

comment avater

もげお

Re: タイトルなし

> アニメも人気だよね。見た方がいいかなあ?
アニメは原作を現代風に加工しようとしたら不純物が入ってしまったけど原作に近い感じ
映画は原作をザクザク切り刻んで再構成したら別物だけどそこそこ良いものが出来たって感じ
うーん一長一短ですなぁ。原作読むのが一番かw

2014年12月04日 01:34

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。